解雇通知

不当解雇

解雇予告手当て

2007年03月28日

不当解雇とは

不当解雇とは、労働基準法などの法律、または起業で定められている就業規則の規定を守らずに、事業主の都合で一方的に労働者を解雇することのことです。

不当解雇となる主な例


  • 国籍、信条、身分を理由とした解雇
  • 業務上の負傷や疾病のための療養期間およびその後30日間、ならびに産前産後休暇の期間およびその後30日間の解雇
  • 解雇予告を行わない解雇
  • 解雇予告手当を支払わない即時解雇
  • 労基法やそれにもとづく命令違反を申告した労働者に対する、それを理由にした解雇
  • 労働組合への加入を理由とする解雇
  • 不当労働行為を労働委員会等に申し立てなどをしたことを理由にした解雇
  • 女性であることを理由とした解雇


また、2003年の労働基準法改正の際に、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」という規定が盛り込まれました。

posted by 解雇ネット at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
解雇
不当解雇 > 不当解雇とは

"不当解雇とは"へのコメント

コメントを投稿する
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

"不当解雇とは"へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。