解雇通知

不当解雇

解雇予告手当て

2007年03月29日

解雇予告手当てとは

解雇を行なう際、会社は解雇する労働者に対して、30日前までに解雇予告をする義務があります。


しかし、会社の都合などにより解雇予告から解雇までの期間が30日に満たない場合は、その日数によって労働者に手当てを支払わなければならないと定められています。解雇予告手当てとは、この手当のことをいいます。


解雇予告手当ての計算式は

解雇予告手当て = 平均賃金×(30日−解雇予告から解雇までの日数)

となっており、この分を会社は労働者に支払われなければなりません。


つまり、会社は解雇予告を30日前に行なうならば、解雇予告手当を支払う必要はありませんが、29日前だと1日分、28日前なら2日分、・・・即日解雇の場合は30日分の平均賃金を解雇予告手当として、労働者に支払わなければならないということです。

posted by 解雇ネット at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0)
解雇
解雇予告手当 > 解雇予告手当てとは

"解雇予告手当てとは"へのコメント

コメントを投稿する
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37141302

"解雇予告手当てとは"へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。